オプションやパーツ

トップページ >  オプションやパーツ

オプションやパーツ

車を何台も乗りついでるドライバーなら予算の都合を除けば、CX-5にどのようなオプションを付けるかは
ある程度は決まっているでしょうが、CX-5が新車としては初めて買うドライバーはカタログなどを見ても
多くのオプションやパーツが掲載されていて、何が何だか分からないと混乱してしまうドライバーもいるでしょう

CX-5のオプションはどれを選択すれば良いか?というのは、それぞれ予算や事情・好みなどがありますので
選ぶべきオプションやパーツとしてご案内できないのですが、ここでは2種類あるオプションの違いを簡単に説明しておきます

メーカーオプション

言葉どおり自動車メーカーが、CX-5の取り付けオプション品のオーダーを聞いていると解釈して頂いてかまいません
つまりマツダの工場の生産ラインにおいて、CX-5を組み立て製造する時に取り付けるオプションとなります

CX-5では、ディスチャージパッケージやセフティクルーズパッケージになりシステム系の装備になりますので
注文後に取り付けを依頼することは不可能ですが、生産に入る前であれば間に合う場合もあるので営業マンに聞いてください

ディーラーオプション

マツダ店・マツダオートザム店・マツダアンフィニ店を運営する各ディーラーで取り扱うオプション品になり、
CX-5のサイト上ではショップオプションと表記されているアイテムのことで、カーナビゲーションやオーディオ関係、
ETCカードシステム、チャイルドシートなど後付け可能なものや、フロアマットやドレスアップ類が相当します

ロゴなどにも拘りがある場合、灰皿などもLEDライト付きのアッシュカップを選択するドライバーが多いですね

そしてパーツ類以外では、ボディーコーティング・インテリアコーティング・ホイールコーティングのほか、
パックDEメンテやマツダ延長保証などのメンテナンス関係のアフターサービス商品も用意されています

ここで一つ補足しますと、ナビゲーションシステムなど取り付け難易度の高いオプションに関しては
マツダの子会社マロックスにおいて、訓練をつんだプロによりCX-5へ取り付けがされているようです。